薬剤師が人気の理由がよくわかった

私は薬剤師という仕事にそこまでの興味はないのですが、ひょんなことからちょっと調べたことがあり、それを見る限りでは魅力的な仕事かもしれないと思い始めました。今働いている会社の給料は決して高くはなくむしろ安いので、時給的に考えれば薬剤師っていいなと思ったのです。パートでも最低1,500円~2,000円というところが多いようで、それってめちゃくちゃ良くないか!?と思ったのです。
また、パートという形で仕事ができるのも魅力に感じました。私は身体が強い方ではないので今も時短で働いているのですが、子育てなどの理由でパートをしている人が多いのなら、私もフルタイムで働けなくても大丈夫じゃないかと思いました。短時間で効率よくお金をゲットできるのなら生活にも困りませんし、空いた時間はプライベートとして自由に使えるわけですもんね。
そして、これも良いなと思ったのは基本的に異動や転勤がないという点です。私は就職活動の際に、地元に腰を据えて仕事がしたかったためにかなり仕事が絞られました。実家で療養できるようにということもあってですが、そういうところってなかなかないということが身にしみてわかりました。私の働きたい、給料の良さ、時短可能、転勤なしの3拍子が揃った薬剤師って、実は私向きなのではないかと思います。今働いているところは辛いことはないので今のところ転勤する予定はありませんが、考えるなら薬剤師という選択肢もおおいにアリだなと考えています。

カテゴリー: nl

ドラッグストアの薬剤師の仕事について。

ドラッグストアの薬剤師の仕事は調剤薬局や病院の薬剤師の仕事とはいろいろと異なります。
病院や調剤薬局では主に医師が記載した処方せんに基づいて薬剤を処方し、患者さんに薬剤の効果や服用方法、副作用などを説明しますが、ドラッグストアではお客様の症状や悩みに応じて薬を選んであげなくてはなりません。
また、できるだけ「利益率が高いもの」をおすすめするなど、お店の利益についても考える必要があります。
これはドラッグストアの薬剤師の仕事のやりがいを感じる部分でもありますが、大変な部分でもあります。
また、売り場づくりについても考える必要があります。
花粉症の季節には花粉症の薬、風邪の季節には風邪の薬が売れるように売り場を作っていきます。
商品の発注、品出し、値札の管理なども行います。
また場合によっては薬剤師業務以外の仕事もやらなくてはいけないことがあります。
薬剤師であってもそうでなくても、お客様から見れば「店舗スタッフ」です。
商品の場所を聞かれたり、薬以外の商品についての質問を受けたりすることもあるので、薬売り場以外のことについても知識が必要です。
そのかわり、病院や調剤薬局のように、時間に追われたり、責任が重かったりすることがありませんので、比較的気楽に働くことができます。
他の販売スタッフから「先生」として頼られたり、慕われたりするのも嬉しいポイントです。
また、勤務した日のお買い得品を仕事の後に購入することができるのも良いですね。

カテゴリー: 27

パートで薬剤師として働くメリット

薬剤師の資格を持っていると病院に勤務をして組織として働く事も可能ですが、主婦になるとパートとして薬局で働く事も多くなります。パートになってしまうと雇用の面で安定しないというデメリットがありますが、パートならではのメリットも多いようなので見ていく事にしましょう。

薬剤師は薬の専門家なので薬局で働く場合は処方せんに基づく調剤などが主な仕事になるので重要ではありますが、パートだと時間の融通が利くので自分の生活スタイルに合わせる事が出来ます。病院など組織で働く場合は多忙になってしまう事も多いですが、パートの場合は勤務日や勤務時間を自分で決める事が出来るので仕事以外の時間を作りやすいというのがメリットになります。パートでも薬剤師の仕事なので普通のパートより時給が倍以上になる事もあるのでそれなりに稼ぐ事も出来ます。

病院で組織として働く場合は異動や転勤などがあり薬剤師も重要なポジションになるので断るというのはなかなか難しいです。しかしパートで働く場合は非正規という事で異動や転勤がありません。そのため自宅周辺でずっと働くという事が出来るというのもメリットになります。

薬局でも時には合わない人が多いという事もありますが、パートの場合だとすぐに辞めるという事も可能です。しかも薬剤師という事で求人もたくさんあって働き口が多いので別の職場をすぐ見つける事が出来ます。合わない人と仕事をするとストレスが溜まって体に支障が出てしまう事もあるのですぐ別の職場に変える事が出来るというのもメリットになります。

カテゴリー: 27

少数派の男性薬剤師が仕事で気をつけたいこと

薬剤師と聞いて女性の姿を思い浮かべる人は、とても多いと思います。それもそのはず薬剤師で女性の占める割合は半数を超えており、間違いなく女性のイメージが強い職業です。もちろん男性の薬剤師もいますが、割合としてはそこまで多くはありません。そうなると男性の薬剤師は薬剤師としての仕事をどうこういう前に、女性と上手くやっていかなければいけないです。同性の少ない職場は雰囲気になじむのが難しく、人間関係で苦労することも少なくありません。ですので、男性の薬剤師は女性の薬剤師とどう人間関係を保っていくかが、平穏に長く続けていくためのポイントです。

ただ、女性だからといって必ずしも男性がとっつきにくいわけではありませんので、あまりにも過度に意識し過ぎるのは良くないです。職場は友人作りや仲間作りをする場ではありませんのでまずは仕事を第一に優先し、プロフェッショナルに徹すればそれで基本的にはOKです。そして、そのうえで職場にいる女性薬剤師たちと良好な関係を築ければベストです。やはり困ったときはお互いで助け合わなければいけませんし、職場がギスギスしているよりは和やかなムードのほうが働きやすいのは間違いありません。ですから、男性の薬剤師はまわりの女性薬剤師が何を考えているのかしっかりと理解し、それに合わせて立ち回るのがおすすめです。そうして変に意識し過ぎなければ人間関係がこじれることもないですから、男性薬剤師はそのあたりを気をつけるべきです。

カテゴリー: nl

薬剤師が患者に薬のことをわかりやすく説明する

薬剤師が患者から求められていることは、薬のわかりやすい説明です。最近では医薬分業が当たり前のスタイルとして定着しており、処方された薬の説明は診察した医師ではなく薬剤師から受けることがほとんどです。患者は薬の説明を薬剤師からされますので、そこで薬に関する情報を得ます。もしもそこで薬剤師の説明がイマイチ理解できないものだったら、患者は薬に対する不安を募らせてしまいます。特に高齢者の場合はただでさえ会話を聞き取りにくいので、わかりやすい説明をしなければ薬のことが伝わりません。ですので、薬剤師は患者に薬のことをわかりやすく説明する義務があります。

もしも薬局の中が患者であふれ返っていたら、一人の患者に薬のことを説明する時間は短くなってしまうかもしれません。それは他に待たせている患者が、たくさんいるからです。ですが、たとえそのような状況になったとしても患者がきちんと理解できるような説明を薬剤師は心がけ、納得して薬を持ち帰ってもらわなければ仕事の責任を果たしているとはいえないです。そのためにはなるべく余計な言葉を省き、処方する薬について大事なことをシンプルに伝えていくことが大切です。そのためには会話上手、説明上手になることが求められますので、そのことを意識して薬剤師の仕事に取り組む必要があります。つまり、薬剤師の仕事は単に薬を処方するだけに限らず、薬を通して患者とコミュニケーションをとることも求められているのです。

カテゴリー: 27