薬剤師としての転職のために活用したい転職サイト

国家資格であり、そう簡単に取得ができないものが薬剤師というものです。薬科大学に通ったりして多くの若い学生は苦労してその資格を自分のものとします。薬剤師になると仕事は山のようにあり、求人サイトではあちこちに薬剤師を求むという案内を見つけることになるでしょう。薬剤師は薬局やドラッグストアが主な仕事先になるかもしれませんが、求人サイトを見て薬剤師の収入の相場や条件、待遇などをチェックすることができるでしょう。中には薬剤師として働いていたものの、収入が上がらないとか、職場環境があまりよくないとかで転職をしたいと考えるようになる人たちも少なくありません。

そのような転職サイトのメリットというのは、自分で自宅で新たな就職先を探すことができる以外に、登録をするといろいろなサポートを受けることができるというものがあります。仕事先の条件を伝えておけば、それに合う仕事を紹介してくれて、面接日などの段取りまでしてもらえるのです。いろいろな相談ができることや、実際にその面接に立ち会ってくれるスタッフがいるところもあります。転職というのは、仕事をしている状況で新しい職場を探すのは、かなり体力も気力もいることですので、そのように自分に代わって仕事を探して紹介してくれる転職サイトというのはとてもありがたいのです。薬剤師はその資格ゆえに正社員はかなり給料が高く、パートやアルバイトでも時給は高く、薬剤師の資格を持つメリットは大きいのです。

カテゴリー: nl

薬剤師が人気の理由がよくわかった

私は薬剤師という仕事にそこまでの興味はないのですが、ひょんなことからちょっと調べたことがあり、それを見る限りでは魅力的な仕事かもしれないと思い始めました。今働いている会社の給料は決して高くはなくむしろ安いので、時給的に考えれば薬剤師っていいなと思ったのです。パートでも最低1,500円~2,000円というところが多いようで、それってめちゃくちゃ良くないか!?と思ったのです。
また、パートという形で仕事ができるのも魅力に感じました。私は身体が強い方ではないので今も時短で働いているのですが、子育てなどの理由でパートをしている人が多いのなら、私もフルタイムで働けなくても大丈夫じゃないかと思いました。短時間で効率よくお金をゲットできるのなら生活にも困りませんし、空いた時間はプライベートとして自由に使えるわけですもんね。
そして、これも良いなと思ったのは基本的に異動や転勤がないという点です。私は就職活動の際に、地元に腰を据えて仕事がしたかったためにかなり仕事が絞られました。実家で療養できるようにということもあってですが、そういうところってなかなかないということが身にしみてわかりました。私の働きたい、給料の良さ、時短可能、転勤なしの3拍子が揃った薬剤師って、実は私向きなのではないかと思います。今働いているところは辛いことはないので今のところ転勤する予定はありませんが、考えるなら薬剤師という選択肢もおおいにアリだなと考えています。

カテゴリー: nl

少数派の男性薬剤師が仕事で気をつけたいこと

薬剤師と聞いて女性の姿を思い浮かべる人は、とても多いと思います。それもそのはず薬剤師で女性の占める割合は半数を超えており、間違いなく女性のイメージが強い職業です。もちろん男性の薬剤師もいますが、割合としてはそこまで多くはありません。そうなると男性の薬剤師は薬剤師としての仕事をどうこういう前に、女性と上手くやっていかなければいけないです。同性の少ない職場は雰囲気になじむのが難しく、人間関係で苦労することも少なくありません。ですので、男性の薬剤師は女性の薬剤師とどう人間関係を保っていくかが、平穏に長く続けていくためのポイントです。

ただ、女性だからといって必ずしも男性がとっつきにくいわけではありませんので、あまりにも過度に意識し過ぎるのは良くないです。職場は友人作りや仲間作りをする場ではありませんのでまずは仕事を第一に優先し、プロフェッショナルに徹すればそれで基本的にはOKです。そして、そのうえで職場にいる女性薬剤師たちと良好な関係を築ければベストです。やはり困ったときはお互いで助け合わなければいけませんし、職場がギスギスしているよりは和やかなムードのほうが働きやすいのは間違いありません。ですから、男性の薬剤師はまわりの女性薬剤師が何を考えているのかしっかりと理解し、それに合わせて立ち回るのがおすすめです。そうして変に意識し過ぎなければ人間関係がこじれることもないですから、男性薬剤師はそのあたりを気をつけるべきです。

カテゴリー: nl