少数派の男性薬剤師が仕事で気をつけたいこと

薬剤師と聞いて女性の姿を思い浮かべる人は、とても多いと思います。それもそのはず薬剤師で女性の占める割合は半数を超えており、間違いなく女性のイメージが強い職業です。もちろん男性の薬剤師もいますが、割合としてはそこまで多くはありません。そうなると男性の薬剤師は薬剤師としての仕事をどうこういう前に、女性と上手くやっていかなければいけないです。同性の少ない職場は雰囲気になじむのが難しく、人間関係で苦労することも少なくありません。ですので、男性の薬剤師は女性の薬剤師とどう人間関係を保っていくかが、平穏に長く続けていくためのポイントです。

ただ、女性だからといって必ずしも男性がとっつきにくいわけではありませんので、あまりにも過度に意識し過ぎるのは良くないです。職場は友人作りや仲間作りをする場ではありませんのでまずは仕事を第一に優先し、プロフェッショナルに徹すればそれで基本的にはOKです。そして、そのうえで職場にいる女性薬剤師たちと良好な関係を築ければベストです。やはり困ったときはお互いで助け合わなければいけませんし、職場がギスギスしているよりは和やかなムードのほうが働きやすいのは間違いありません。ですから、男性の薬剤師はまわりの女性薬剤師が何を考えているのかしっかりと理解し、それに合わせて立ち回るのがおすすめです。そうして変に意識し過ぎなければ人間関係がこじれることもないですから、男性薬剤師はそのあたりを気をつけるべきです。

カテゴリー: nl