パートで薬剤師として働くメリット

薬剤師の資格を持っていると病院に勤務をして組織として働く事も可能ですが、主婦になるとパートとして薬局で働く事も多くなります。パートになってしまうと雇用の面で安定しないというデメリットがありますが、パートならではのメリットも多いようなので見ていく事にしましょう。

薬剤師は薬の専門家なので薬局で働く場合は処方せんに基づく調剤などが主な仕事になるので重要ではありますが、パートだと時間の融通が利くので自分の生活スタイルに合わせる事が出来ます。病院など組織で働く場合は多忙になってしまう事も多いですが、パートの場合は勤務日や勤務時間を自分で決める事が出来るので仕事以外の時間を作りやすいというのがメリットになります。パートでも薬剤師の仕事なので普通のパートより時給が倍以上になる事もあるのでそれなりに稼ぐ事も出来ます。

病院で組織として働く場合は異動や転勤などがあり薬剤師も重要なポジションになるので断るというのはなかなか難しいです。しかしパートで働く場合は非正規という事で異動や転勤がありません。そのため自宅周辺でずっと働くという事が出来るというのもメリットになります。

薬局でも時には合わない人が多いという事もありますが、パートの場合だとすぐに辞めるという事も可能です。しかも薬剤師という事で求人もたくさんあって働き口が多いので別の職場をすぐ見つける事が出来ます。合わない人と仕事をするとストレスが溜まって体に支障が出てしまう事もあるのですぐ別の職場に変える事が出来るというのもメリットになります。

カテゴリー: 27