ドラッグストアの薬剤師の仕事について。

ドラッグストアの薬剤師の仕事は調剤薬局や病院の薬剤師の仕事とはいろいろと異なります。
病院や調剤薬局では主に医師が記載した処方せんに基づいて薬剤を処方し、患者さんに薬剤の効果や服用方法、副作用などを説明しますが、ドラッグストアではお客様の症状や悩みに応じて薬を選んであげなくてはなりません。
また、できるだけ「利益率が高いもの」をおすすめするなど、お店の利益についても考える必要があります。
これはドラッグストアの薬剤師の仕事のやりがいを感じる部分でもありますが、大変な部分でもあります。
また、売り場づくりについても考える必要があります。
花粉症の季節には花粉症の薬、風邪の季節には風邪の薬が売れるように売り場を作っていきます。
商品の発注、品出し、値札の管理なども行います。
また場合によっては薬剤師業務以外の仕事もやらなくてはいけないことがあります。
薬剤師であってもそうでなくても、お客様から見れば「店舗スタッフ」です。
商品の場所を聞かれたり、薬以外の商品についての質問を受けたりすることもあるので、薬売り場以外のことについても知識が必要です。
そのかわり、病院や調剤薬局のように、時間に追われたり、責任が重かったりすることがありませんので、比較的気楽に働くことができます。
他の販売スタッフから「先生」として頼られたり、慕われたりするのも嬉しいポイントです。
また、勤務した日のお買い得品を仕事の後に購入することができるのも良いですね。

カテゴリー: 27