薬剤師が患者に薬のことをわかりやすく説明する

薬剤師が患者から求められていることは、薬のわかりやすい説明です。最近では医薬分業が当たり前のスタイルとして定着しており、処方された薬の説明は診察した医師ではなく薬剤師から受けることがほとんどです。患者は薬の説明を薬剤師からされますので、そこで薬に関する情報を得ます。もしもそこで薬剤師の説明がイマイチ理解できないものだったら、患者は薬に対する不安を募らせてしまいます。特に高齢者の場合はただでさえ会話を聞き取りにくいので、わかりやすい説明をしなければ薬のことが伝わりません。ですので、薬剤師は患者に薬のことをわかりやすく説明する義務があります。

もしも薬局の中が患者であふれ返っていたら、一人の患者に薬のことを説明する時間は短くなってしまうかもしれません。それは他に待たせている患者が、たくさんいるからです。ですが、たとえそのような状況になったとしても患者がきちんと理解できるような説明を薬剤師は心がけ、納得して薬を持ち帰ってもらわなければ仕事の責任を果たしているとはいえないです。そのためにはなるべく余計な言葉を省き、処方する薬について大事なことをシンプルに伝えていくことが大切です。そのためには会話上手、説明上手になることが求められますので、そのことを意識して薬剤師の仕事に取り組む必要があります。つまり、薬剤師の仕事は単に薬を処方するだけに限らず、薬を通して患者とコミュニケーションをとることも求められているのです。

カテゴリー: 27